LIGHTING PLAN
ライティングアカデミー
あかりの基礎知識
ランプの特性と種類
光ってなに?
色温度ってなに?
演色性ってなに?
照度と輝度、明るさの話し
照明手法
照明用語辞典
HOME > LIGHTING PLAN > ライティングアカデミー > 明りの基礎知識「演色性ってなに?(解決編)」

LIGHTING PLAN

ライティングアカデミー Knowledge(あかりの基礎知識)

演色性ってなに?

疑問編
解決編
果物や野菜を太陽の光のもとで見たときはカラフルで美味しそうな印象だったのに、蛍光灯の光のもとで見たときは青っぽくてくすんで、同じものなのに印象が違って見えたということはないかい?このような色の見え方におよぼす光源の性質のことを「演色性」というんだ。そして、この演色性を数値で表したのが、「演色評価数」なんだ。
演色評価色票

演色性は、Raで示される「平均演色評価数」をさすことが一般的です。 個々のNo.1からNo.15の試験色を、基準となる光源とその照明とで、どれくらい違って見えるのかの色差を数値化したものが、「特殊演色評価数」Ri (i=1〜15)です(備考:R9からR15を優先的に用いる)。その中のR1からR8の特殊演色評価数の平均値が「平均演色評価数」です。

演色評価指数Ra90やRa85というのは、かなり演色性が優れているということですね。演色評価指数が100に近ければ近いほど、照明で照らされている対象物の色そのものに近い色を見せることができているということなんだ。ただ、Raが同じだからといって、見え方が全て同じというわけでもないんだ。光源の種類や色温度の違い、つまり、光源の分光分布が違えば反射される光の分光分布も違うので、Raが同じでも色の見え方が違うんだ。
疑問編へ戻る
PAGE TOP